これ誰か使ってるの?シリーズ第一弾「愛は地球を、デフォルト非公開設定はうっかりミス投稿を救う」

ごあいさつ

 風の強い日にビニール傘さしたままでヒカリエの近くを歩くとかなり高い確率で傘が持って行かれそうになるから、マジ気をつけて!!

さて、四月から渋谷で働くことになっている新入社員候補の皆様にむけての頼まれてもいない一方的な注意喚起を大きめのフォントで終えたところで、今回はこれ誰か使ってるの?シリーズの第一弾をお送りしたいと思います。

これ誰か使ってるの?シリーズ

本ブログ「Seesaaブログカスタムレシピ」では、Seesaaブログのカスタマイズ情報をご提供していますが、ここまでのところCSSやHTMLの編集が多くて、ちょっと敷居高く感じておられるユーザーさんおられませんか?

CSSやHTMLのカスタマイズも大いに結構ではありますが、カミさんよりもSeesaaブログとつきあっている年数の方が長い身としては、「マイブログ内の設定をいじるだけでもちょっといい感じの使い方ができることもありますよ」ということを、この場を借りて是非お伝えしたいと思います。

とはいえ、なにせ長年にわたって機能を追加してきた当ブログサービス。

今となっては大衆居酒屋の壁に貼られたメニュー(いざ注文したら結構な確率で「今日はありません」って言われてます)のように項目や機能が多くて「なんとなくあるのは知ってるけど、さわったことは一度もない」「標準状態のままでずっと使っている」「俺、ハムカツあればそれでいいや」なんていう機能もたくさんあるのではないでしょうか。最後、居酒屋での発言でしたけれども。

また「これ一応AとBとで選択できるようになってるけど、Bの設定って意味ないんじゃない? Bの設定で使ってる人っているの?」というようなこともあるはず。

そこでこのシリーズでは、Seesaaブログがデフォルトで装備している各種機能の中から、比較的出番の少ないであろうもの--すなわち「これ、誰か使ってるの?」と思われがちな、言うなればSeesaaブログの日陰な機能たちをピックアップしてご案内してみようと、こういった試みです。

CSSやHTMLの知識がなくても試せますし、マイブログ内の操作ですぐ戻せますよ。何事もなければとりあえずシリーズ三回の予定です。

はてさて、前置きが長くなりましたが、今回ご紹介するのはこちら。

 マイブログ>[設定]>[記事設定]の非公開設定です!

img_daretsuka_1.jpg

↑マイブログログインしたところからの経緯です。ここんところですね。

そもそもマイブログ>[設定]>[記事設定]とはなにか

Seesaaブログでは記事ごとに「コメントを受け付ける・受け付けない」や「改行をタグに変換する・しない」などを細かく指定することができるんです。

このあたりのことは記事を作る時にいちいち指定してもいいんですが、最初から好みの指定がされていたら便利ですよね。

記事設定ではこの「いざ記事を作ろうとした時に、どういう設定が最初から指定されている状態にするか」ということを決められるんです。モンハンでいうところのアイテムやら装備のマイセットみたいなものですね。そんなにモンハン詳しくないんで恐縮なんですけども。

公開・非公開って?

公開状態で保存された記事はブログ上に表示されます。

逆に非公開で保存された記事はブログ上に表示されません。

「あれ? じゃあ、記事設定で非公開に設定してあるブログだと、新しく記事を作る度に、いちいち非公開から公開に切り替えないといけないんじゃないの?」  そう思った方、その通りです!

「えー? ブログなんて記事を表示するためにやってるんだから、そんな設定なんの意味もないじゃない」  と思う方がほとんどだと思います。

確かにその通りでして、ほとんどのブログでここは「公開」が選択されています。

ですがあえてここを非公開設定にするという使い方を今回ご紹介したいのです。

記事設定で非公開にすることでなにがいいの?

あえて記事公開までに一手間増やすことで、うっかりミス投稿の可能性を抑制できるかもしれません。

一言で言うとこれに尽きるのですが、具体的なケースで見ていきましょう。

ケース1:まだ書かないといけない事があるのに、うっかり記事を保存してしまった。

記事設定で公開になっていたらそのまま未完成の記事がブログ上に表示されてしまいます。

非公開であればブログには表示されません。マイブログの中、記事一覧に保存されるだけ。

まずは今年の横浜DeNAベイスターズ三浦大輔投手の勝ち星予想でもして落ち着きましょう。

落ち着いたら記事を編集して、完成してから改めて記事を公開しましょう。

ケース2:書いてはいけないことを記事に書いて、勢いで投稿してしまった。

うっかりミス以外にも、例えばお酒を飲んでブログの記事を書いたり、嫌なことがあって怒りにまかせて記事を書いてしまったりしたことはありませんか?

そこで書いてはいけないあんなことやこんなこと、例えば琴奨菊関が対白鵬関戦勝利のために編み出した、日本大相撲史に残る奇策中の奇策を書いてしまったら...... 琴奨菊関の綱取りに大きな黄色信号がともってしまいますし、その内容によっては八角理事長も激怒しかねません。八角理事長激怒については琴奨菊関、いったいなにをしようとしてたんですかって話ですけれども。ともあれ大関、優勝とご結婚おめでとうございます。

記事を保存する時に、非公開から公開にチェックを移す1ステップが、微力ながら冷静になって記事を読み返す時間をくれるかもしれません。

余計なお世話かもしれませんが、今書いたその記事、公開するか・しないか決定するのは、一晩寝てからでも遅くないかもしれませんよ。

ケース3:私用のメールを、間違えてブログにメール投稿してしまった。

メール投稿は専用のメールアドレスにメールを送るだけで記事として投稿できる便利な機能ですが、メールアドレスを取り違えてしまうと大変です。

あなたと関係がこじれている上司や、あなたと関係がこじれている恋人、あるいはあなたと関係がこじれている鳩山元首相に送るはずだったメールがブログで公開される恐れもありますよね。

そんなとき記事設定で非公開設定になっていれば、メール投稿した記事は記事一覧で非公開から公開に変更するまではブログ上には表示されません。

間違えて送ってしまったメールは、そっと記事一覧から削除しちゃいましょう。

組み合わせてこういう使い方も

メール投稿機能と、記事設定>非公開を組み合わせることで、管理者が編集長的なポジションになるブログの運営もできるようになります。

あなたは管理者としてブログを作成し、投稿用のメールアドレスを作成します。記事設定で非公開にしておくことをお忘れなく。

ライターとして記事を書いてほしい人には投稿用のメールアドレスを教えて、記事ができたらここにメール送信してね、と依頼します。(記事を送ったら教えてね、とお願いしておくとよりいいですね)

ライターさんが送ったメールはいきなりブログ上に表示されるのではなく、記事一覧に非公開記事として保存されます。

編集長であるあなたは、記事一覧で送ったもらった記事をチェックしましょう。公開してもいい内容なら、無事公開。マズい内容ならば削除するか、あるいは非公開のままにしておけばOKです。

今回のまとめ

  • ・記事設定で非公開を指定すると、記事は非公開で保存されるのが標準になる。
  • ・非公開が選択されているのをいちいち公開にしないといけないので記事を公開するまでに一手間かかるけど、その分、誤投稿のリスク低減に役立つかもしれない。
  • ・ヒカリエの近くはマジで風が強くてビニ傘もってかれそうになるから、ちょっとの雨ならあえて傘ささないのも手。
  • Seesaaブログの日陰な機能たちから、次回はblogtimesコンテンツをご紹介予定です。